コンビニ

【実食レビュー】セブンイレブン糖質50%オフのロカボワッフル【糖質11.5g】

糖質50%オフのロカボワッフル
糖質オフのパンを見かけると見境なしに買っちゃうメタボンです!
本日は「セブンで買える糖質50%オフのロカボワッフル」を紹介します。
糖質50%オフのロカボワッフル

 

筆者メタボンについて

以前、糖質制限に特化したECサイトを運営しており、超低糖質なパウンドケーキを販売してました。プロ目線で商品がどれだけ実力があるのかを血糖値の推移を見てゆきます。

糖質50%オフのロカボワッフル

RIZAPコーヒーワッフルがファミリーマートでも売っているが、食べ比べてみると程よく歯ごたえを感じる食感がとてもよく、個人的にセブンイレブンのロカボワッフルに軍配は挙がった

RAIZAPコーヒーワッフル

RIZAPコーヒーワッフルは少々スポンジを噛み切るような食感がイマイチな点として挙げられる。商品開発時に1個あたり糖質10g以下を目指した努力を感じ取れる。

栄養成分表示(1個当たり)

ロカボドーナツ栄養成分
商品情報 糖質50%オフのロカボワッフル
価格 127円(税込)
カロリー 163Kcal(1個あたり
糖質 11.5g
蛋白質 3.9g
脂質 10.5g
食物繊維 6.0g

栄養成分を見てみると糖質は11.5g含まれている。RAIZAPが糖質9.6gなので比較すると1.9g程糖質が多いようだ。味と糖質量と血糖値への影響を総合的にみることが大切。

血糖値の推移をみてインパクトがどれほどなのか実力を見ていこう。

食前食後の血糖値の変化

食前血糖値(空腹時) 83mg/dL 16時04分
食後血糖値(1時間) 131mg/dL 17時10分
食後血糖値(2時間) 98mg/dL 18時45分

食後1時間で約48mg/dL程度の上昇となった。予想よりも高く上昇した印象。

前回の「ロカボドーナツ」は1時間後で19mg/dL上昇と優秀だっただけに残念。同じ素材を使用しているのに不思議。直近で食べたものや時間帯、外気温など色々と影響があるから仕方がない。

食前血糖値(空腹時血糖:83mg/dL)

食前血糖値(空腹時血糖)

昼食を食べた時間を失念したが、少々小腹が減った状態での計測。83mg/dLと低いので一安心。

食後血糖値(1時間:131mg/dL)

食後血糖値(1時間)

コンビニで買える糖質オフ食品の中で一番の上昇率。
原因は多々考えられるので複数回の計測を通じて平均を出します。

食後血糖値(2時:98mg/dL)

食後血糖値(2時間)

食後血糖(2時間)が140mg/dL未満とあるので合格。

日頃の血糖値を計測することは自分の身体を知るキッカケになります。ネットでは検査機器は購入できても試験紙は買えません。ACONなら海外直送なので全てが揃います。

試験紙98円〜と業界最安値(定期購入)

ACON血糖測定器を選ぶ5つの理由
【血糖自己測定】試験紙もネット注文可能なACON血糖測定器を選ぶ5つの理由|測定器無料キャンペーン中! ACON血糖測定器を選ぶ5つ理由 試験紙もネット注文可能なACON血糖測定器 ...

まとめ

思いがけない血糖値の上昇でしたが、複数回測定して平均をだしてみようかと思います。味に関しては先に述べたようにRIZAPのコーヒーワッフルよりも断然お勧めです。

プレーンな味つけなので上にホイップクリームや糖質カットされたジャムを加えても更に楽しむことができる商品だと思います。

1個あたり11.5gなので、減量中に食べることはお勧めしません。プレメンテナンスやライフメンテナンスであれば計画的に食べることができる低糖質なワッフルとして優秀な商品です。

>>プレメンテナンスとは?<<