Uncategorized

運営者メタボンについて

海外バイク旅でリバウンドしたメタボン
運営者メタボン

はい、運営管理者のメタボンと申します。
現在45歳、普段は会社員として働いています。

高校時代には120kgから60kgへの減量に成功。
以降、30年に渡って糖質制限を継続しています。
元糖質制限に特化したECサイトを運営。

私には長年に渡る悪い習慣があります。
それは主食をドカ食いしてリバウンドするところです。
特に年末年始はイベントが多く確率高め。
ダメだとわかりつつも繰り返しちゃうのだw

皮肉男
皮肉男
そう、自分の欲望に負けるお方です。

メタボン飯を読むべき人

・肥満で困っている人(BMI 30以上が目安)

・糖質を意識した食生活への理解を深めたい人

・食事で血糖コントロールをしている人

 

メタボン飯を読む必要のない人

・プロテインマニア

・菜食主義者

・カロリー制限で痩せられる人

メタボン飯を通じて実現したいこと

  • ケトン代謝を継続できる低糖質食品を発掘紹介
  • 2型糖尿病の方々にとっても有益情報を発信
  • 主食を低糖質化してリバウンドを最小化する術を共有

 

食後血糖値の変化に着目します

巷に出回っている糖質制限食品(主に主食:ご飯、パン、麺類の代替え品)を中心に食前食後の血糖値の推移を測定した情報を発信します。

例えば低糖質米を一つ取り上げても、糖質制限に振り切った超低糖質米、白米に混ぜて食べる低糖質米など多様です。美味しさと糖質のバランス。自分にどれがベストなのか判断に苦しむところです。

そこで低糖質米を食べた感想と食後血糖値の上昇などを併せて発信することで、皆様がどれを選ぶべきなのか判断できるようになります。

2つの伝えたいこと

  • 食欲も空腹もすべては血液の変化であること
  • ケトン代謝の減量効果は数年で消失すること
ケトン代謝の減量効果は数年で消失する

これは糖質制限を5年、10年と継続する人達が必ず向き合うことになります。加齢に伴う代謝の低下だけでなく、アトキンスダイエットでいう代謝の利点(ケトン代謝)の効果が消失します。代謝の利点とは、しっかり食べてカロリーを摂取しているにも関わらず、断食よりも脂肪分解が促進されて減量してゆく魔法のような状態を指します。この代謝の利点を体感できるのは最初の数年間だけという事実を受け止めてください。だからこそ口酸っぱくして伝えたい。仕組みを理解せずに糖質制限を始めないこと。イザップや他の糖質制限を謳っているダイエットはこの事実を伝えてくれません。

人生を変えた一冊の書籍

人生初の糖質制限人生初の糖質制限

遡ること30年前、高校へ進学した私は120kgという極度の肥満で困った状況でした。当時は思春期を迎えて「女性と付き合いたい、女性にモテたい」そんな願望が頭を支配。願望を叶える為に「痩せられるなら死んでもいい」と強い決意のもとで挑みました。

りんごダイエットに始まり、プロテインダイエットと巷で流行るものは全て挑戦。結果は常に数キロ減で停滞した後にリバウンドを繰り返してきました。

そんな時に出会ったのが一冊の書籍You can be fat free foreverでした。

私が高校へ進学した頃、怪しい通信販売会社から数万円で購入した記憶。実際に読み進めてみると、主食を避けてお肉を食べなさいという内容が数ページ。本当にこんなので効果はあるのかよと内心では疑っていました。

しかし、この書籍との出会いが人生を大きく変えるきっかけとなりました。この怪しげな食事法を実践すると、驚くことに最初の週で12kgほど減量することができました。

肉を食べると癌になると怒られた

圧倒的な減量効果に「癌になるから止めなさい!」と周囲から警告を繰り返し受けましたが、死んでもいいから痩せたい自分は聞く耳を持ちません。ダイエット開始して1年半ほどで120kgから目標の60kgへ減量達成して親戚からも絶賛の声を貰いました。

当時は細いGパンを買うのがマイブームになっていたのが懐かしい思い出。

リバウンドの無限ループ

主食の「ご飯」が大好きなメタボンは我慢ができずにドカ食してリバウンド。「簡単に痩せられるし」という自信と安易な考えから無限ループの罠に陥りました。書籍「you can be fat free forever」には体型を維持する方法について多くは語られていないのが問題でした。

停滞期のメカニズムと脱する3つの方法

長年のあいだに色々と試行錯誤を繰り返してきました。

日本で一番失敗をしてきたと自負しています。

メタボン飯の方針

・血液の変化に意識を向けて自分の身体を知る

・糖質制限の理解を深めて代謝の利点(ケトン代謝)を最大化する

・最低限の運動で恩恵を体感する(食事8:運動2)

もし、私と酷似している人は糖質制限は救いとなる可能性が秘められてます。

最初にアトキンス・ダイエット成功への4つのフェーズをご覧ください。